防犯面を考慮した賃貸物件選びは重要!?身近な所で対策出来ます

オートロックは防犯意識を下げてしまう

引越し先の部屋を探す時に、オートロック物件を指定する人がいます。多くは防犯性能が優れているからという理由で選びますが、オートロックの内側にある共有スペースに不審者が入り込んでも警戒意識が働かない問題点があります。カルガモのようにオートロック部分で入居者の後をついて入り込むことが出来てしまうので、オートロックマンション自体が狙われているケースも少なくありません。賃貸物件選びを行なう際に、防犯面から考えるとオートロックが万全では無いことを知っておく必要があります。それでも、オートロックに対応したマンションの造りは重厚に出来ているので、耐震性と安全性については評価出来る所が多いです。

鍵を見れば防犯性能は分かります

賃貸物件に入居する前に確認することとして、鍵交換を必須としている不動産屋が存在します。前の入居者が合鍵を作っている可能性を考慮してのものですが、防犯面から考えた時に完璧な鍵というものは存在しないことを頭に入れておく必要があるでしょう。カードキーや電子錠を導入している部屋に対しては、窃盗犯も侵入に時間が掛かるので手を出そうとしません。鍵交換をする際には、不動産屋が手配した鍵ではなく、自分で手配した鍵屋に鍵交換を依頼して、大家へマスターキーを渡す方式で借りられる部屋を選ぶと良いでしょう。不動産屋が指定した鍵交換しか受付しない場合には、大家へ電話を繋いでもらい話をすれば、大抵は許可が出ます。鍵屋を指定する行為は、不動産屋がマージンを受け取るためだけという点を知っておくと良いでしょう。

登別の賃貸の契約の手続きを取るにあたり、周辺の不動産会社の扱っている物件の価格帯や契約期間の長さにこだわることが必要です。

This article was written by admin