マンション経営を失敗しないための秘訣とは

マンション経営を始める前に

マンション経営をしてると言えば、大層儲かっていて働かずとも安定した収入を得られると思いがちです。しかし、空室が増えたり、金利が上昇したりすると途端に収入が減ってしまい、利益どころか借金の返済もままならない状態に陥ってしまうのです。そんな最悪の状態に陥らないでマンション経営を成功させる為のポイントご紹介します。

減税措置に頼りすぎないこと

節税対策でマンション経営を始めないということが重要となってきます。なぜなら、減税が受けられるのは初めの数年に限られており、減税期間後に空室が出てしまうと途端に経営が破綻してしまう状況に陥ってしまうからです。そのような状態が長く続くと結果的にマンションを売り払うことになり、売却価格は建設価格よりも低い価格となってしまうことから赤字となってしまうのです。マンション経営は無理の無い長期的なプランを軸としてスタートさせることが重要なのです。

時代に合ったマンション経営を

キャピタルゲイン投資に手を出さないことが失敗を避けることにも繋がります。キャピタルゲイン投資とは、借金をして不動産を手に入れて、時間を経て不動産価値が上昇したタイミングで売ることで利益を生み出す投資方法を指します。景気の良かったバブル全盛期は土地の値段が下がることなく、この投資方法は非常に有効なものでした。しかし、景気の変動が激しい昨今では土地の値段が下がるケースも多々見られ、素人が気軽に始めて成功に導くには難しいものがあるのです。甘い文言にのせられることなく、市場の動向を良く把握してマンション経営を始めることが成功の秘訣であると言えるのです。

マンション経営とは、自分が所有するマンションを人に貸して利益をあげていくことです。空き部屋が出ないよう工夫が大事です。

This article was written by admin